岡山学芸館高校の
数理科学部の
公認ブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
英語 20140510
秘書(仮)の砂田です。3年でも苦しんでしまう1年生で確実におさえておきたいものピックアップします。

三年生が苦しむ1年生で確実にマスターしておきたいポイント!
(5文型シリーズ)

文型解釈(S,V,O,C,M)は英語の問題を解く上で最も真髄となる部分で、複雑な問題であればあるほどこの能力が要求されます。
入試問題ともなれば一文だけで3行ほどの文も出てきますが、それでもやはり5文型のどれかに基本的に当てはまります。
この文型解釈をやる上で最も大切なのがOとCの判別ですので、まずはこの判別方法から見ていきましょう。

Oは基本的に名詞のみで、Cは基本的に形容詞と名詞です。形容詞と副詞は同じ修飾語ですが副詞はCにはなりません。あくまでも副詞は副詞と考えましょう。
形容詞は状態を表す語ですので、Cとなり得るというわけです。

これが分かればOとCを間違えることは減ると思います。
次にSVOOとSVOCの違いですが、SVOOはO(1)にO(2)をVするというのが基本的な訳し方なので定型化して頭に入れるといいですね。
SVOCはOとCの関係についてみるとSVOOと間違えることはありません。OとCをそれぞれSとVの関係のように見てください。うまくその関係になっていればSVOC、そうでなければSVOOです。
(ex)
I found him kind. 訳:私は彼が親切だと分かった。
S V O C
(S') (V')

I showed him this picture. 訳:私は彼にこの写真を見せた。

違いが分かったでしょうか?
これが分かればこの種の訳で戸惑うことはないでしょう。

次に自動詞と他動詞の判別です。体験談ですが、ここは非常に紛らわしい語があるので、受験でよく聞かれます。
そもそも自動詞と他動詞とは何か?
自動詞と他動詞の違いは目的語(O)が必要か、なくても問題ないかです。
?自動詞は目的語がなくても使うことができます。代表例としてswim,runです。
 後ろに目的語がなかったり、前置詞があるというのはこの自動詞です。

?他動詞は目的語がないと使えません。代表例としてはbuy,hearです。
 注意しておきたいのは自動詞と他動詞で意味の違う語です。
 たとえば?でも出した「run」です。
 自動詞なら「走る」ですが、他動詞となると「(〜を)経営する」という意味になります。

?入試で一番問われやすい、同じ形のある自動詞と他動詞
 有名なものとしてlie,layとraise,riseの2組です。

 現在- 過去 - 過去分詞 -現在分詞
 lie - lay - lain - lying      (自)横たわる
ライ レイ  レイン  ライイング
 lay - laid - laid - laying      (他)(〜を)横にする、横たわらせる
 レイ レイド レイド  レイイング 
lie - lied - lied - lying      (自)うそをつく
 ライ ライド ライド  ライイング

発音と形とそれぞれ自動詞と他動詞について覚えると良いです。

(ex)
I have to ( ) in the sofa but I watched the TV program then.

?lay ?lie ?lying ?laid

(解き方)
have to Vが使われてるので( )内の動詞は現在形になるため、?と?の現在分詞はカットします。
さらに前置詞が後ろにあるので、自動詞だと分かります。
自動詞で、なおかつ現在形であるものは?のlieです。 

最後にriseとraise 
これは同じ形のものはないので、そこは気にしなくていいですが、どっちがどっちだかわからなくなるのでしっかり頭に入れておきましょう。

rise - rose - risen - rising   (自)上がる(agaru)
ライズ  ロウズ ライズン ライジング
(ra)
raise - raised -raised - raising   (他)(〜を)上げる(ageru)
レイズ レイズド レイズド レイジング
(re)

覚えるテクニックとして、riseはライズ(raizu)と発音し、上がる(agaru)という意味。
「a」が共通して入ってます。

raiseはレイズ(reizu)と発音し、上げる(ageru)という意味。
「e」が共通して入ってます。

みたいな感じでそれぞれ現在形の発音と意味とを直結させてやると分からなくなることが防げます。

正直5文型は英語の問題の中では簡単な部類ですが、それでもいろいろとややこしいことが多いのでひとつひとつを確実にマスターしておきましょう。
そうすれば三年の時受験勉強をするときに負担がきっと和らぐはず!

今回はこの程度にしておきますね。
各定期考査毎にこんな感じで、時間があればピックアップしてポイントを紹介していこうと思います。
Study - -
物理 20140510
どうも、部長の沼田です。
今回は物理です。
テーマは「有効数字」

調べたことによると、有効数字は和差と積商で使い方が変わります。僕はここが知りませんでした^ ^;

まず和差は、
末位の最も高いものを有効桁数とする。

国語力の低い僕にとってはさっぱりでしたσ(^_^;)
なので親に質問(笑)
それで僕が分かりやすく丁寧に言葉を変えてみました。
「少数点の高いものを有効桁数にし、他のものはそれに合わせて計算し、その小数点以下の数字は不確かなので書かない

じゃあ例問出します。

問1、156.8-151.22=?

こういう問題の場合ですね(笑)
この時、156.8■、151.22■となり
■の部分は四捨五入した位置なので0〜9のどれかが入るのですが、誤差が生じます。
さて、有効数字は156.8が4桁、151.22が5桁となり、有効数字が少ない方を有効桁数とします。

さらに言うと、151.22の少数第二位の2は156.8で言うと■の部分になり不確かなので156.8に合わせます。

151.22を四捨五入して151.2となり、
156.8-151.2=4.6
そしてここからが変わっています。

僕ならここで有効数字が4桁にしてあったので4.600と書きますが、和差の場合はこれが使えないのです…
じゃあどうするか、

4.6■とすると、??の部分は156.8■と151.2■と同じ位置なので4.6■の■は不確かなので、答えは4.6になります^ ^



次に積商ですが、これは追加されてます(笑)
たとえば

問2、12.3×12.345=?

いつもならこのまま計算して
151.8435となり、有効数字が3桁なので152としますが、
なんとこれより簡単に計算出来るみたいです(笑)

まずは有効数字が3桁と5桁です。
この時は有効桁数が3桁となるので
有効数字の少ない方を基準にし、一つ下の位まで残すことです。
実際にやってみると、5桁を4桁にします。12.345の少数第三位を四捨五入して12.35となり、
12.3×12.35=151.905
よって有効数字は3桁なので151となります。
なので、有効数字分だけ確かな値が出てきます!

積の場合はもう一つ問題出しましょう
5.50×√2=?
こういう問題が分かるかもしれません(笑)
√に1.41421356…なので有効数字がデカすぎます(笑)
5.50は有効数字3桁なのでこれを基準とします。まずは√2を四捨五入して1.414とします。一つ下まで残しますよ〜
5.50×1.414=7.777≒7.78
これで完成です。
ちなみに普通に計算してみると、
5.50×1.41421356=7.77817459≒7.78
となるので一致しますね。

なので少数に気にしないといけないのは和差の時だけですね(笑)
積商はあまり考えません(笑)

では今回はこの位にして…
次は僕の秘書の登場です(笑)
Study - -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINK